2008 紅葉 ~残念な旅行編~

あと、今年は両親からのサプライズで山形旅行を~



うちの父の従姉といってももう90歳近くなる伯母様が山形にいます。私の祖母の姪にあたる人なのですがとても素敵な人なんですね。その伯母が私から見ればひいおじいちゃんを毎年山形の赤倉温泉に呼んでくれてたそうです。その旅館がとてもいいと父は聞いてたらしく昔から泊まりに行きたいと願ってました。そこの女将はその伯母と仲が良いとのことだったので伯母夫婦も一緒にといつも言ってたんですね。
そして父の弟夫婦が遊びに来るとのことで山形旅行を決行することになったんです。
私の仕事が終わるのを待って出発!
途中伯母の家に寄って~伯母夫婦も一緒にと思ったのですが予定があるとのことで・・・・・私たちだけで。
着いてみると大きな旅館でした。
ワクワクしながらチェックイン。案内のお姉さんはとてもいい感じ。
お風呂も天然の岩風呂があってぷくぷくとお湯が湧き出ていて・・・・・ちょっと自然すぎて転びそうになったりしたけど~でもあったかくて気持ちがいい~。
で、楽しみの夕食。牛すきやきと牛しゃぶのコース。
・・・・・とここまでは普通の旅行。


で、これからがタイトルにある残念な旅行編です。
でグチっぽくなりますのでよろしくです。で、わかりやすく箇条書きにしました。

①鍋に火もつけてくれない。
②飲まない人だけのご飯を頼んだが全員分出てきた。
    で、「飲まない人の分だけでいいんですけど」と話すと
      「蓋なってるし冷めても炊き込みご飯だから」 !?( ̄ェ ̄;) エッ?
③まだ(●´▽`●)_旦"☆"旦_(○´ー`○)カンパイもしていないのに・・・・・
      フルーツが   (  ゜ ▽ ゜ ;)エッ!!

とまぁ三連発!来ましたよ。

でもね、でもね、みんなで目を点にしながら盛り上げようと頑張った(; ̄ー ̄)...ン?だけどシラーっとなっちゃってでも、仲居さんに「次の日どこ行ったらいい?」
なんて聞いてね。なんとかその仲居さんとも和やかなムードにして~(なんでこんなことすんのかな~私も)
で、その宴の間に観光マップもらいにいったの。でも欲しいのがなくて・・・・・

そのあとパパポンが出張から急きょ帰ってきて一泊朝食ということで。
で、みんなでカラオケへ~ここではいやな気分引きずりながらも盛り上がって!
で、パパポン夕食なかったからラーメン食べに行って~このラーメンはおいしかったのでとりあえずヨシということで。 

で、翌日またマップもらいに行ったら女将さんがいてね・・・・・この方なら詳しいだろうと思って。
囲炉裏でお茶を淹れてくれて・・・・・話したんだけど自分の話ばっかり。マツタケご飯のことおいしかったですって話したら。

④「でも、中にはこの料理になんでマツタケご飯なんだっていうお客さんもいてね~」
       なんて話されて。(あまり感じのいいものではない。)


⑤そして極めつけ仲居さんに言われたとこのマップをお願いしたら
      「そんなとこない!」「どこのこと言ってるの?」
      みたいな感じに言われてあとは押し付けがましくマップ渡されて・・・・・がっかりしたのね。
      (女将さんがこんなんじゃ・・・・・期待してもね~)


チェックアウト前にお風呂だけでも(三種類あった)全部入ろうということで最後ヒノキのお風呂に入って~
でね、その帰りまた女将と会ったのでさりげなく伯母を知ってるかな~?ってお話ししたらなんと、先代と先々代の女将が昨年続けて亡くなったらしい。ので評判のいい女将さんはいなかったっていうことに・・・・・
そのことを父に話したら
「やっぱりな~伯母さんのこと話さなくてよかったな~。こんなとこもう来たくないからな~」
って。あまりの接客の態度・料理に腹が立ったらしい。
本当今まで泊まったところの中には同じ予算でもっともっと気持ちよく泊まれるところがいっぱいあった。会計をしてみても(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!パパポンの宿泊代がたったの2000円マイナスしただけエッ? (;゜⊿゜)ノ マジ?

館内のアンケートに
料金は適切ですかという質問があったのだが精算してからと思って記入してこなかったのが悔やまれるのですが。


とにかく宴会のスタートから仲居さんに台無しにされ押しの強い女将に圧倒され散々な残念な旅行となったわけです。
初めてですね。こういう旅館。老舗の名前が泣きます。先代までの女将の力であそこまで大きくなったんでしょうね。もう行くこともないでしょうけど・・・・・期待が大きい分がっかりでした。久々の旅行だったのに!




コチラです


この記事へのコメント

2008年11月13日 10:19
あ~~!!!これはガッカリ
折角の旅行が台無しでしたね~
”老舗の名”を守っていくには、相当の努力と苦労があるのでしょうね。
こうして守られてきた”老舗の名”を、ココで途絶えて欲しくないのですが・・・これも時代の流れなのでしょうか?
ちょっと残念でしたね~
シェリーさんへ
2008年11月14日 10:09
ね~!がっかりでしょう。
時代の流れと言うより女将さんと話してて思ったのですが先代たちへのライバル心みたいなのがミエミエでした。伝統を受け継ぐと言うことは大変なことだと思います。チェンジするところもあるでしょう。でも守り続けていくものもあると思います。そのベースを築いてくれた先代に感謝しつつ伝えていくという気持ちがここの女将さんに欠けてるのでは?と感じてます。先代が生きているうちに行きたかったですね。
コッコ
2008年11月19日 09:17
高ぃお金出して行く以上いぃ思い出になる満足の旅したぃよねぇ・・・ほんとに残念
コッコは恒例の来年のお正月旅行を最初は場所で選んでたんだけどどぅしても惹かれる宿があって。。。観光地から遠いから迷ったんだけどね。
でも1日限定5組しか取らないそうで館内は手作りじゃなぃものを探すのが大変なぐらぃ女将さんが手作りにこだわっててリピーターが多ぃ宿やったの。
料理もおぃしぃらしぃしなにより心配りがいぃってゆぅからもぅそこに決めちゃいました
やっぱ期待しちゃうのは満足いく御もてなしだよねぇ~
またコッコも報告しまぁす。
コッコちゃんへ
2008年11月23日 23:45
ほんとに残念だったよ。
手作りじゃないものを探すのが大変。w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!楽しみだね!
リピーターが多いってことは期待できますね。やはりおもてなしの心があるところが一番ですよね(*^^)
報告待ってるね!